特定ラジオマイク運用調整機構

ご入会案内

Guideご入会案内

当機構への加入から運用開始まで

当機構では、免許取得・更新など免許に係るすべてについてお手伝い致します

  1. 運用目的や運用場所に合わせた 周波数帯・機器の選定をして下さい

    チャンネルリスト未掲載施設でWS帯を運用希望の場合、 混信保護の検討を行って下さい。(詳細はこちら

  2. 入会申込ならびに免許申請関連の書類をお送り致します

    入会ご希望の連絡を頂きますと当機構事務局から必要書類をお送り致します。必要書類が到着しましたら、それぞれご記入・押印の上、免許申請に必要な他の書類(認証証明書や登記簿謄本の写しなど)を添付して、事務局へご返送下さい。

  3. 無線局免許申請書類を総合通信局へ提出します

    必要書類が事務局ヘ到着しましたら、頂いた資料に基づき無線局免許申請書類を作成致します。
    その後、それらに当機構の加入証明書を添付して、総合通信局ヘ提出致します。同局から免許が交付されるまで、約1ヶ月必要です。

  4. 無線局免許状・会員資科をお送り致します

    無線局免許状(免許証票含む)が交付されましたら、当機構の加入証明書や定款と共にお送り致します。
    免許証票(シール)は送信機の適当な場所に貼付して下さい。

  5. 必要経費のご請求を致します

    必要経費(入会金、年会費、運用調整費、免許申請手数料、免許関係書類取扱費)を算出してご請求書をお送り致します。お手元に到着しましたら、なるべく早めのお振込をお願い致します。

  6. 使用時は必ず運用連絡をお願い致します(移動会員のみ)

    特定ラジオマイクの使用日時、場所、局数等が決まりましたら、運用連絡票(トップページからダウンロード可能)へご記入の上、当機構事務局まで電子メールまたはFAXにてお送り下さい。固定会員につきましては、運用連絡票の提出の必要はありません。

当機構関係費用について(平成29年4月1日現在)

※は消費税が別途加算されます

入会・免許申請に必要な費用

入会金 常置場所ごとに1加入を原則とします。
  • 1加入
  • 20,000円
年会費 新規加入初年度は月割りになります。
  • 1加入
  • 48,000円
運用調整費 新規加入初年度は月割りになります。
平成29年度運用調整費は暫定措置としての減額対応です。
マイク1局 固定:600円/年※ 移動:1,500円/年※
平成29・30年度の運用調整費について(PDF版)
  • 固定:マイク1局
  • 1,200円/年※
  • 移動:マイク1局
  • 3,600円/年※
免許申請書類等取扱費 当機構事務局の書類作成及び申請費用
  • マイク1局
  • 5,000円※
新設免許申請手数料 国に納める手数料(印紙代)
  • マイク1局
  • 2,550円
料金シミュレーション(Excel版)

新規入会における費用の概算をシミュレーションしたい方はこちらをお使い下さい。

免許変更申請に必要な費用

免許変更申請書類等取扱費 免許人の住所・名称等免許状に記載のある事項を変更する場合
  • マイク1局につき
  • 2,500円※

免許更新に必要な費用

免許の有効期限は5年です。5年目には免許更新(再免許)の申請が必要です。

再免許申請書類等取扱費
  • 2,000円※(基本料金) + マイク1局につき500円※ 加算
再免許申請手数料 国に納める手数料(印紙代)
  • マイク1局につき
  • 1,500円

電波利用料について

電波利用料は特ラ機構から請求するものではなく、毎年、国へ納めることになっており、総務省から納付のお願いがあります。お問い合わせは直接総務省へお願いします。

電波利用料は、使用する周波数帯などによって、以下のように分かれます。

TVホワイトスペース帯
  • 1局あたり
  • 600円
特定ラジオマイク専用帯
  • 1局あたり
  • 600円
TVホワイトスペース帯+特定ラジオマイク専用帯
  • 1局あたり
  • 800円
1.2GHz帯
  • 1局あたり
  • 800円