特定ラジオマイク運用調整機構

地デジ4K8K実験試験局情報

Informationお知らせ

地上デジタル放送の高度化(4K・8K)に向けた実証実験が名古屋と東京で行われています!

名古屋地区では、TVホワイトスペース帯の35chを使った電波が、名古屋市昭和区の東山局および、愛知県弥富市の鍋田局から発射されています。この実験試験局の免許は、平成30年11月20日に東海総合通信局から付与されました。(参照URL: http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/kohosiryo/30/1120.html期間中に、名古屋地区でTVホワイトスペース帯の35chおよび、隣接する34・36chの運用を計画されている会員は、特ラ機構事務局へご相談下さい。

東京地区では、UHF 28chを使用して東京タワーから電波が発射されています。この28chは平成30年10月30日まで放送大学が使用していたチャンネルですので、特定ラジオマイクへの影響は無いと思われます。この実験試験局の免許は、平成30年12月3日に関東総合通信局から付与されました。(参照URL: http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/30/1203ho.html

名古屋・東京地区ともに電波発射スケジュールに関しては、下記「地デジ高度化実験受信対策センター」のホームページをご確認下さい。なお、本実験の終了日は平成31年3月末日を予定していますが、詳細は下記ホームページにてご案内いたします。

http://www.tvkoudoka.jp/

下段の「地デジ4K8K実験試験局情報」でも、電波発射スケジュールや運用調整など、特定ラジオマイクに関連する情報をダイレクトにお伝えしていますので、ご利用下さい。